エステサロン業界の動向

美容サロン業界の中で当社が「注目」した業界とは?

徹底解析した結果、『ファッション』✕『潮流』✕『社会問題』のクロスしたポイントに、美意識変化(肌の露出=ムダ毛の処理)があることを発見し、脱毛ビジネスは今後さらに成長・発展していく市場であることを解明いたしました。

消費者庁・エステサロンサービスに関する相談数

消費生活センターに寄せられる苦情数が
エステ業界全般の中でも 「脱毛エステ」が極めて多い

消費者からの期待値が 非常に高い業種

課題を解決できる革命を起こすと
市場シェアを獲得することができる

脱毛業界の広がる市場性

  • 日本人女性の73%がムダ毛に悩む
  • 異業種からの参入増加
  • 低価格化・高品質化
  • 業界全体的な人手不足

脱毛=身だしなみの気配り「エチケット」→「若い女性」だけでなく 「老若男女問わず」の時代へ

美容サロンを発展に導く「ビジネスモデル」を創造

【消費者が美容サロンに求める満足度要素とは?】

女性脱毛1500億円~2600億円、男性脱毛150億円

無ければ選ばない・あるのが当たり前
  • 自分の悩みや目的に合わせたカウンセリング内容が的確
  • スタッフの接客態度がよい
  • サロンの施設・設備が清潔
  • 料金体系が明確でわかりやすい
無ければ選ばない・あれば満足度が高い
  • 勧誘がしつこくない・強引ではない
  • 料金がリーズナブル
  • 効果が長続きする
  • メインメニューの技術が高い・上手
  • 実際通っている人の評価が高い
  • 手際が良い
  • 施術が丁寧
無くても良い・あれば満足度高
  • 予約が取りやすい・変更がしやすい
無くても良い・あっても満足度低
  • 無くても良い・あっても満足度低
  • 落ち着いて施術が受けられる
  • サロンの立地が良く通いやすい
  • 決められた頻度で利用する必要がない
  • メニューが豊富
  • サロンの雰囲気・インテリアが良い
  • 支払い方法が選べる

クレーム要素について更なる分析

  • どうしたらクレームではなく、お客様に喜ばれ、 感謝され、収益を上げられるか?
  • どうしたらクレームではなく、 お客様との絆をさらに高められるか?
  • どうしたらスタッフの自己成長意欲を 向上させられるか?
  • どうしたらスタッフの生産性(利益)を上げられるか?
  • どうしたらこれらを並行し、売上・利益を上げ続けられるか?

これらを解決することができるサービス・技術についてさらなる調査・分析を重ねてまいりました。

そこで我々は、脱毛業界の専門家・施術者・消費者それぞれの意見を余すことなくすべて取り込み、 数理科学理論にて生み出された、 『最強のプロ仕様スーパー脱毛マシン』をプロデュースする運びとなりました。 さらに店舗経営において課題となる「スタッフの問題」「集客の課題」を解決する別オプションとして、 『独自人財育成システム』と『独自集客システム』というメソッドを 作り上げました。

レディテレサグループ

次ページ> LADY TERESA GROUP(レディテレサグループ)とは?


ページの先頭へ戻る